本文へスキップ

奈良県大和高田市西町1-11
TEL.0745-23-7701

トップページ > 組合について > 組合補助金要綱

葛城広域行政事務組合補助金交付要綱

(趣旨)
第1条 この要綱は、葛城広域行政圏の活性化を図るため、葛城広域行政事務組合を構成する大和高田市、御所市、香芝市、葛城市及び広陵町の長(以下「組合市町の長」という。)が実施する地域の活性化及び人材育成につながる事業に対し、実施に要する経費につき予算の範囲内において補助金を交付することについて必要な事項を定めるものとする。
 (補助対象経費及び補助金の額)
第2条 補助対象となる経費は別表のとおりとし、補助金の額は10万円を限度に交付する。
 (補助金の交付申請)
第3条 補助金の交付を受けようとする組合市町の長は、葛城広域行政事務組合補助金交付申請書(第1号様式)に補助事業収支予算書(第2号様式)を添えて、管理者に提出しなければならない。
 (補助金の交付決定)
第4条 管理者は、補助金交付申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、補助金の交付を決定し、補助金交付決定通知書(第3号様式)により通知する。
2 前項の場合において、管理者は、必要があると認めるときは、当該決定に条件を付し、又は職員をして実地について検査を行わせることができる。
 (補助金の交付)
第5条 管理者は、前条の規定による決定をしたときは、速やかに補助金を交付するものとする。
 (事業内容の変更)
第6条 第4条の規定による決定又は前条の規定による補助金の交付を受けた組合市町の長は、第3条の規定による申請の内容を変更しようとするときは、葛城広域行政事務組合補助事業変更承認申請書(第4号様式)を提出し管理者の承認を受けなければならない。
 (流用の禁止)
第7条 補助金の交付を受けた組合市町の長は、当該補助金を交付の目的以外に使用してはならない。
 (事業成績書等の提出)
第8条 補助金の交付を受けた組合市町の長は、当該業務に関する補助金実績報告書(第5号様式)、補助金収支決算書(第6号様式)その他必要な書類を管理者に提出しなければならない。
 (報告の提出及び検査)
第9条 管理者は、必要があると認めるときは、業務又は会計の状況に関し、必要な報告若しくは資料を提出させ、又は職員をして実地について検査させることができる。
 (補助金の返還等)
第10条 管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合において、既に補助金が交付されているときは、期限を定めて、その返還を命ずるものとする。
 (1) 事業を中止し、又は廃止したとき。
 (2) 補助金の交付決定に付した条件に違反したとき。
 (3) 詐欺その他不正な手段により補助金の交付を受けたとき。
 (4) 前3号に掲げるもののほか、この要綱又はこの要綱に基づく管理者の指示に違反したとき。
 (補則)
第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、管理者が別に定める。
   附 則
 この要綱は、告示の日から施行し、平成30年4月1日以降に組合市町内で開催された事業について適用する。

別表(第2条関係)
補助対象経費の種類
区分 経費の種類
報償費 講習会、研修会等の講師への謝礼
旅費 講師等交通費、交渉等に要する交通費等
需用費 事業に直接必要とされる品、会議資料、活動資料、プログラム、チラシ、ポスター等の印刷、材料費、文具等購入費、事業実施に係る燃料費及び光熱水費等
役務費 通信運搬費(切手・はがき等)、保険料、広告料等
使用料及び賃借料 会議室使用料、車両借上料、機材レンタル料等
備品購入費 事業に必要と認められる備品
委託料 会場警備業務、人員誘導及び整理業務等の事業の実施に直接必要なもので、外部に委託するための経費
その他の経費 管理者が特に必要と認める経費



葛城広域行政事務組合

635-0096
奈良県大和高田市西町1-11
alt=""TEL 0745-23-7701
alt=""FAX 0745-23-5425